• 敬老の日が国民の祝日となった経緯

    国民の祝日である敬老の日は1947年9月15日に兵庫県多可郡野間谷村(現八千代区多可町)にて開催された敬老会というイベントが始まりとして2002年までは毎年9月15日が国民の祝日敬老の日とされていましたが、2003年以降から9月の第三月曜日へ変更され、今年2021年は9月20日となっています。
    敬老の日が当初9月15日に定められた経緯は、農業が盛んな野間谷村は農作業をすることが少なくなる1年のうちでもっとも暇な時期である農閑期で気候が安定する時期でもあるとの理由からなります。

    敬老の日が勢いに乗っています。

    1950年に兵庫県単独でとしよりの日として制定され、1963年には老人の日に変わり1966年に初めて国民の祝日敬老の日として制定されました。



    当初はとしよりの日として兵庫県でスタートし、徐々に全国に広がりを見せるにつれて、としよりというフレーズが高齢者をバカにしたイメージが良くなかったことから老人の日となりましたが、高齢者を尊敬する意味を含めて正式に敬老の日となりました。

    現在人生100年時代と言われる長寿国となった日本では高齢者の概念も変化し、65歳以上を高齢者と定義するも74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と分類していますが、元々の始まりをたどると野間谷村の敬老会では55歳以上が対象とされており、現在では働き盛りの50代半ばの現役世代がすでに高齢者となり当時と比べても日本人の寿命が延びたことがうかがえます。



  • 敬老の日の最新考察

    • 国民の祝日には必ず何かしら起源となるものが存在するわけですが、敬老の日にはどのような起源があるのかご存じでしょうか。兵庫県の多可郡に属する多可町は、日本酒の銘酒でもある山田錦や和紙の一種でもある杉原紙、そして敬老の日の発祥地といわれています。...

  • 敬老の日のわかりやすい情報

    • 敬老の日は毎年9月15日でしたが、2003年に祝日法が改正されて以来、9月の第三月曜日になりました。そのため毎年日にちが変わりますが、敬老の日は制定されています。...

  • 敬老の日の実態

    • 敬老の日は兵庫県の村で敬老会が主宰されたのをきっかけといわれています。戦後の混乱が色濃い1947年、敗戦で重苦しい空気が漂う中で自分の子供たちを戦地に行かせなければならなかった親たちを元気づけようと村主催で敬老会が開かれました。...

  • 敬老の日の学びたい知識

    • 敬老の日は2003年に9月15日から9月の第3月曜日に移動となりました。ですが老人福祉法により従来の敬老の日を老人の日とし、この日から1週間を老人週間としています。...