• 敬老の日に食べると良い食事

    敬老の日は2003年に9月15日から9月の第3月曜日に移動となりました。

    ですが老人福祉法により従来の敬老の日を老人の日とし、この日から1週間を老人週間としています。
    そのため1週間の間に祖父母に対しておもてなしをすることが多いです。


    祖父母に対しておもてなしをするやり方の一つに食事会があります。

    近年高齢化社会になっており老人と言っても、まだ若い祖父母は多いです。


    そのため特別な食事を用意する必要はありませんが、生活習慣病も危惧されるため、用意する食事は栄養バランスが良く体に優しいものを選ぶと喜ばれます。

    敬老の日の情報検索ができます。

    敬老の日に用意すると良い食材に、まごわやさしいがあります。これはそれぞれの頭文字をとったものであり、豆やごま、わかめなどの海藻類や野菜、魚、しいたけなどのキノコ類、イモ類が該当します。
    健康的な食事を考えた場合、魚や野菜ばかりを食べようとしてしまいますが、様々な食材をまんべんなく摂取することが望ましいです。
    そのため食材選びをする場合は、様々なものを取り入れることを考えるとスムーズに献立を決定することができます。



    具体的な食事には刺身用ぶりのごまみそ漬けや山芋のグラタン、れんこんのきんぴらなどがあります。


    おめでたい席でもあるためウナギのひつまぶしも良いです。歯が弱い場合は茶碗蒸しを計画し、中の具材を多めにしたり、色とりどりの具材を入れたお吸い物にしたりします。

    一般的にはちらし寿司を用意することが多く海老は長生きを、レンコンは見通しが利くなどのおめでたい意味があるものが多く含まれます。
    三つ葉などを添えるとより華やかな食事になります。