駐車場の認定制度とは

by:

自動車関連自走式立体駐車場

機械式の立体駐車場は、事故のリスクが高いため、施設や設備の安全性について国土交通大臣の認定を受けなければなりません。その手続きは2段階を経る必要があります。先ず、登録認証機関へ認証を申請します。認証機関によって装置の安全性がチェックされ、基準を満たした場合は認証書が交付されます。

認証後は国土交通大臣の各地域窓口である地方整備局長へ認定申請を行います。これらとは別に路外駐車スペースについても機械式の駐車装置を付ける場合は、認定書の写しなどを都道府県知事等に届け出る必要があります。路外駐車スペースとは、駐車場法に規定があります。一般の誰でも駐車できるように道路の路面ではない場所に設置した、自動車を駐車するスペースのことです。

そもそも路外駐車場の場合、機械式の装置を設置しなくても一定規模以上の路外駐車スペースは、設置自治体の長に届け出る必要があります。駐車するスペースを設けることは、土地利用の観点から計画性が重視され、自由に駐車スペースを設置されては無秩序に拡大する可能性があるため、このような規制があります。申請をした場合に検査を必要とする具体的設備としては、囲いや扉、照明、制御装置、前庭、標識、乗降領域の広さなどがあります。こうした設備に対して負荷強度など詳細な数字上の安全基準が定められており、その基準を満たして初めて認定を受けられます。

駐車場を利用する人にとって安全性こそが最も重要な視点ですから、駐車場の認定制度は歓迎すべきことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です