認定駐車場を選ぶメリット

by:

自動車関連自走式立体駐車場

認定駐車場は、国土交通大臣の認定を受けている立体駐車場です。耐火性能、防火性能、構造などの点について厳しい基準をクリアした場合に、認定を受けることができます。これを受けると、様々なメリットがあります。まず、防火のための被覆を柱に施す必要がなくなります、被覆を施すと、見た目が悪くなりますし、そのための費用が掛かります。

また、その分工期が長くなります。つまり、それが無くなるだけで、見た目が良くなり、費用削減、工期の短縮が可能というメリットを享受可能となります。また、防火区画も簡易化できます。普通ならば、防火区画には扉を設けなければならないなど、一定のスペースをそのために確保しなくてはなりません。

これが簡易化できれば、駐車場のスペースがその分広くなりますし、駐車もしやすくなります。また、こちらも同様に、見た目をすっきりとさせることができ、コストの削減、納期の短縮につなげることができます。後は、隣の建物や境界線からとらなければならない距離が短くて済みます。通常なら、延焼を防ぐために、一回は3m、二階以上は5メートルの間隔をとらなくてはなりません。

しかし、認定駐車場の場合は、一律1メートル以上の感覚があればよくなります。そのため、土地をぎりぎりまで活用することが可能となります。このように、認定駐車場を選べば、見た目がよくなり、コストを削減できて、納期を談宿することができるというメリットを享受することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です