国土交通大臣認定駐車場にするメリット

by:

立体駐車場自動車関連

国土交通大臣認定駐車場は、防災や構造などの安全性に関して国の定める基準をクリアしたものです。国の安全性などについて、保証している商品であり、防火設備の緩和などを受けることができ安価に作ることができるメリットがあります。建物部分においては、国土交通省が定める防火・耐火における高い安全性が担保された構造方法などを用いているもので、これらの場合には消防設備の規制緩和を受けることができ従来工法よりもコストダウンすることができます。また型式適合を受けるものでは、基礎部分を含めた構造、部材、設置条件をクリアすることで新規に建設するのと比べて、コストを下げることができます。

また単独の駐車場だけでなく建物の2階以上のみ認定を受けるといったこともできます。これらを認定駐車場にすることは耐火性のある構造物を作ることができることで、消防設備を減らすことができるということです。特に建物を維持する上で消防に関する費用は大きく経営を圧迫する原因になりますがあらかじめ緩和された建物にすることによってコストを下げることができます。またコスト面では耐火皮膜や防火区画を作る必要がないため大幅に建設コストを下げることが可能ですし、また設計期間も1ヶ月から1ヶ月半程度で行うことができますし、1階を店舗した建物の場合においても、半年程度で取得可能です。

また消火設備も移動式粉末消火設備で良く、従来方式では固定式泡消火設備が必要なのと比べるとコストを下げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です