立体駐車場のいいところ

by:

立体駐車場自動車関連

立体駐車場とは、横方向の平面に車を止めていくタイプの駐車場とは違い、車を上下の縦方向に駐車させていくタイプの駐車場です。特に都会の商業施設やマンションなどに多いタイプで、車を平面にして止めるスペースが少ない都会に最適の駐車方法と言えます。さらにこの立体駐車場には、機械式と自走式の二つのタイプがあり、機械式の場合は機械などを使って車を上下に運んで駐車させていき、自走式は自分でスロープなどを運転して上下に車を移動させて駐車させる方式の駐車場のことをいいます。特に機械式の立体駐車場の良いところは土地を有効的に利用することが出来るだけでなく、盗難や車上荒らしなどを防ぐことができるところです。

この駐車場に車を止めるためには必ず駐車場を操作して車を止めなければならないので、盗難や車上荒らしなどの犯罪にあいにくいというわけです。そのほかにも、立体駐車場には屋根があるために雨が降っても車に雨がかかることもなく、日差しからも車を守ってもらえるメリットもあります。また、他の車にぶつけられる心配がない点も優れたところです。デメリットには車の出し入れに時間がかかったり、SUVやミニバンなどの背の高い車やサイズの大きな車を駐車させることが出来ないところがあげられます。

車の出し入れの操作が余分にかかってしまうという点も、デメリットと言えるでしょう。しかし、都会などの駐車スペースが少ない商業施設やマンションなどにおいては少ない面積で多くの車を駐車させておくことが出来るので、デメリットよりもメリットの方が大きく良く使われている駐車方式と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です