立体駐車場の使い方とは

by:

立体駐車場自動車関連

立体駐車場は効率よく車を駐車できる駐車場ですが、メリットだけでなくデメリットもあると知っておきましょう。最も大きなメリットとして、駐車料金が安くて済むということが挙げられます。平面駐車場と比べ、狭い土地でも駐車台数を確保できることがその理由です。都市部など地価が高い場所であっても、比較的駐車料金が安く設定されています。

そのため駐車料金を節約したい人におすすめの駐車場となっています。また、近隣の車両とのトラブルや犯罪が起きにくいこともメリットです。平面駐車場ではドアの開け閉めで隣の車両を傷つけてしまうこともありますし、車を止める時にどこかにぶつけてしまうこともあるかもしれません。ですが、立体駐車場ならそのような心配もないため、運転が苦手な人や初心者には立体駐車場がおすすめです。

車が地下や上階にある場合、車上荒らしやいたずらの被害に遭う可能性も少なくなります、セキュリティ面で安心したい人にも最適な駐車場と言えるでしょう。立体駐車場のデメリットとして、駐車するまでに時間がかかってしまうということが挙げられます。他人が車を入出庫している時やパレットの動作中には待ち時間がかかるでしょう。操作パネルでボタンを操作したり、カード認証によって車室を動かすことになるため、平面駐車場と比べたら時間がかかってしまいます。

そのためすぐに車の入出庫をしたい時には不便に感じてしまうかもしれません。駐車スペースが狭いというデメリットもあります。そのため車のサイズが合わないと使えないこともありますし、駐車場によっては車高だけでなく、車幅やタイヤ幅の制限についても設けられていることがあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です