限られたスペースにも便利な立体駐車場

by:

立体駐車場自動車関連

立体駐車場とは立体的に作られた駐車場のことで、多層構造にすることでスペースの少ない場所を有用に使い、複数の車を停められるメリットがあります。都心や繁華街など限られたスペースで活用されることが多く、マンションなどで住人の共用車庫としても採用されています。形式としては自走式や機械式などが挙げられ、駐車スペースまで自分で運転するか、機械によって車を運ばせるかの差が出るのも特徴でしょう。ショッピングセンターなどで立体駐車場内に作られたスロープを使って自分で運転を行い、目的のスペースに車を停めた経験のある人も多いかもしれません。

スロープを使って自分で運転する場合は自走式となります。運転手が必要な自走式とは異なり、機械式はパレットに車を入れたらあとはモーターや油圧機構などがスペースに搬送を行います。装置の操作は必要になりますが、スペースまで自分で運転をする必要はありません。機械式の場合は二段式、多段式、タワー式などにさらに分かれています。

地上1階と上空の2階の2層に停車する場合は地上二段式、地上1階に加えて地下がある場合はピット二段式と呼ばれています。タワー式の立体駐車場はホテルをはじめとした大型施設で採用される例が多く、タワーの中でパレットが移動してスペースに収まります。タワー式の場合、パレットの移動はタワー内で行われるため、基本的には人間は操作するだけで外部からは見えず、すべて機械に任せることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です